Nido
What's   new
ニドー人工毛植毛法は国際的な毛髪修復外科学会(ISHRS)から、
安全で有効な禿髪修復法であると公式に認証されました。
2003年10月15日から5日間にわたり、ニューヨークの会議場で第11回国際毛髪修復外科学会年次総会が開催されました。 この学会は、本来生毛植毛法といわれる、患者さん自身の毛髪を禿髪部にパンチグラフト法によって移植をしたり、皮弁回転法、縫縮法等の外科的修復を行う外科医の研究発表の場として、1993年に組織された世界最大の毛髪修復外科学会であります。 ドクター達の最大の悩みは、移植できるだけの患者さん自身の十分な毛髪(ドナーヘアー)が得られないことでした。 従がって当初は化学繊維で作られた人工毛を頭皮内に刺入するという今までにない「ニドー人工毛植毛法(山田式)」に対する理解を得るのは非常に困難でした。
ニューヨークでのISHRS総会ではニドーの人工毛植毛法のワークショップ(研究講習会)が開催され、どちらかというと、アンチ人工毛植毛法派であった多くのドクターも、症例を実際に目で確かめ、植毛法を体験することでその安全性、有効性を公式に認められるに至りました。 当年次総会では、 同国際学会が「人工毛植毛法は是か非か」を討議する重要な総会と位 置付けられていたため、2003年初旬に7名からなる「人工毛特別委員会(アドホックコミッティー)」を組織し、国際弁護士事務所を通 じ、日本国内で人工毛植毛を実施している会社に質問状という形で、工場やクリニックの見学を申し入れられましたが、最終的には当社だけがその申し入れを受諾したそうです。 そして2003年半ばには数名のアドホック委員のメンバー達が来日され、当社の工場(医療用具製造工場として日本の厚生労働省、アメリカFDA、ヨーロッパ連合のCEマーキング取得、ISO9001及びISO13485認証取得)とクリニックを見学され、『非常に管理され清潔な工場であり、クリニックの設備・技術共にすばらしい。』との評価を得ました。
 
 当社の製造工場内のほとんどはクリーンルーム、無菌無塵室で、国際規格ISO9001及びISO13485の認証を取得しており、アドホック委員の方も驚かれておりました。 この視察内容については、当学会に報告され、総会期間中に検討され「人工毛植毛は非とは捕らえない。ニドーの人工毛は安全性を十分に考慮された世界最高の人工毛であり、禿髪修復の1つの有効な術法である。」との公式見解を項戴しました。
 
このように、ニドーは30年にわたり人工毛のパイオニアとして地道に『1人でも多くの禿髪で悩んでおられる方に若さを取り戻し、喜んでいただきたい』と世界を視野に研究開発をして参りました。 そして国際学会が公式に世界最高の技術、機能と安全性を備えた唯一の人工毛植毛法と認めていただける製品に成長することができました。
 
ニドーの製品は国際基準ISO9001(品質管理システム)及びISO13485(品質システム/医療用具)の認証を取得した工場で厳しい製品管理の基に一貫生産されており、全製品は電子線照射で完全滅菌された全く安全なものです。
 
Top page
What's   new
人工毛の長所・短所
ニドー人工毛の特長
学術発表
頭髪のしくみ
ニドー人工毛の安全性
ニドー植毛相談所
資料請求
株式会社ニドー
〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町
4-2-17 石田ビル
TEL:03-3243-0701
FAX:03-3242-9630
(ISO9001、ISO13485 認証取得)
  pagetop
Copyright 2004, NIDO LTD. All Rights Reserved.